title.jpg

 トップページ > 暮らし > 生活・環境衛生 > セアカゴケグモにご注意ください

セアカゴケグモにご注意ください

特徴は?

 体長は雄が4mm、雌が10mm程度の大きさです。体色は暗褐色または黒色。雌は全体が黒色で背中の赤い模様が特徴です(雄には赤い模様はありません。)。卵のうは乳白色または黄褐色で、形は球形です。

kumo-mesu.gif
セアカゴケグモ雌
kumo-rannou.gif
卵のう

生態は?

 日本では、1995年に大阪で初めて発見されました。現在では幅広く生息が確認されています。
 強い毒性を持っていますが、攻撃性のないおとなしいクモです。

咬まれるとどうなるの?

 素手で触らない限り咬まれることはありませんが、咬まれると激しい痛みとともに、局所の腫れ、めまい、嘔吐などの局所症状のほか、時には血圧の上昇、呼吸困難などの全身症状が現れることもあります。
 有効な抗毒素血清がありますので、咬まれた時はあわてず医療機関に相談してください。

<<かまれたときの症状は?>>
・はじめはチクッと針で刺したような痛みを感じます。

・やがて咬まれた部分のまわりが腫れて赤くなります。痛みはしだいに全身に広がります。

・悪化すると、多量の汗をかいたり、さむけ、吐き気などがあらわれることもあります。

・通常は、数日から数ヶ月で回復する例が多く、咬まれても重症になることはほとんどありません。
<<咬まれたときはどうしたらいいの?>>
・万一クモに咬まれたら、余分な毒を温水や石けん水で洗いおとします。
 多少出血があっても、包帯や止血帯はしないほうが良いでしょう。

・できるだけ早く病院に行って治療を受けることが大切です。
 (病院には咬まれたクモを殺して持参してください。適切な治療につながります。)

どこにいるの?

  • 1.日当たりがよく、温かいところ

  • 2.昆虫や小動物などの餌が豊富にあるところ

  • 3.巣を張る適当な隙間があるところ
    • 排水溝の側面やふたの裏

    • 花壇のまわりのブロックのくぼみや穴、プランターと壁との隙間

    • 芝生や植木あるいは水抜き管の内部  等
kumo-koushi.gif
<<こんな時に注意して>>
・溝など掃除をするとき、ふたやグレーチング(格子)の裏にいたクモに触れてしまう。

・帽子やヘルメット、長靴など身につけるものを長い間屋外に置いていて、
 その間にクモが入りこんでしまい、着用するときに触れてしまう。  等
kumo-futa.gif ふたの裏に注意しましょう。

駆除はどうすれはいいの?

 素手で捕まえたりせず、触らずに踏みつぶすか、市販の殺虫剤を噴霧すれば駆除できます。

このページに関するお問い合わせ

〒649-7192 和歌山県伊都郡かつらぎ町大字丁ノ町2160番地
やすらぎ対策課 衛生係
電話:0736-22-0300(代表) ファックス:0736-22-6432
mail.gif 電子メールでのお問い合わせはこちらから

かつらぎ町役場 〒649-7192 和歌山県伊都郡かつらぎ町大字丁ノ町2160番地
電話 (0736)22-0300(代表) FAX (0736)22-6432 メール info@town.katsuragi.wakayama.jp
業務時間 午前8時30分~午後5時15分まで (土・日・祝日および12月29日~1月3日を除く)
footer-right.gif
Copylight (c) 2017 Katsuragi Town.All Rights Reserved.