title.jpg

  トップページ > 新たなステージに入ったがん検診の総合支援事業

新たなステージに入ったがん検診の総合支援事業

 新たなステージに入ったがん検診の総合支援事業

子宮頸がん・乳がん検診が無料で受診できます
がん検診に対して早期発見と正しい健康意識の普及・啓発により、健康の保持および増進を図ることを目的に検診費用の全額を補助し、受診者の負担を“ゼロ” にする施策です。
平成28年度の対象となる方に「がん検診クーポン券(検診費用が無料となるクーポン券です)」をお送りしています。

 ★実施する検診★

子宮頸がん検診     乳がん検診

 ★ポイント★

1. かつらぎ町が指定する医療機関で受診された方が対象となります。送付されたクーポン券でがん検診費用が無料となります。
2. 自己負担金の助成について
平成28年4月1日以降、かつらぎ町が実施している健康増進法に基づく『子宮がん検診受診券』または『乳がん検診受診券』を利用して、自己負担金 (1,000円)を支払われている方につきましては、領収書・クーポン券を添えて役場やすらぎ対策課衛生係へ申請して頂きますと、自己負担金を助成させて頂きます。
3. 各がん検診内容について
乳がん検診は、マンモグラフィ検査・問診です。
子宮頸がん検診は、頸部細胞診検査・問診・視診・内診です。
その他の検査については対象外となります。

 ★指定医療機関★

○ 子宮頸がん検診)
吉田クリニック(かつらぎ町
奥村レディースクリニック(橋本市)
いこまレディースクリニック(橋本市)
狩谷産婦人科(橋本市)
奥村マタニティクリニック(橋本市)
○ 乳がん検診
和歌山県立医科大学附属病院 紀北分院
医療法人南労会 紀和病院
橋本市民病院

 ★実施期間★

平成28年7月1日(金曜日)から平成29年2月28日(火曜日)

 ★対象者★

ただし、平成23年度から平成27年度のいずれかのクーポン対象年度に無料クーポン券または、かつらぎ町が実施している健康増進法に基づく「子宮がん検診受診券」および、「乳がん検診受診券」を使用して指定する医療機関で受診した方は、対象外になります。
【子宮頸がん無料検診対象者】
生年月日
平成7(1995)年4月2日から平成8(1996)年4月1日
平成2(1990)年4月2日から平成3(1991)年4月1日
昭和60(1985)年4月2日から昭和61(1986)年4月1日
昭和55(1980)年4月2日から昭和56(1981)年4月1日
昭和50(1975)年4月2日から昭和51(1978)年4月1日
【乳がん無料検診対象者】
生年月日
昭和45(1970)年4月2日から昭和46(1971)年4月1日
昭和40(1965)年4月2日から昭和41(1966)年4月1日
昭和35(1960)年4月2日から昭和36(1961)年4月1日
昭和30(1955)年4月2日から昭和31(1956)年4月1日

 ★クーポンの見本★

今年度は、子宮頸がん検診はオレンジ色、乳がん検診は黄色のクーポン券です。
子宮頸がん検診クーポン券見本
sikyukeigan-omote.jpg sikyukeigan-ura.jpg
(表) (裏)
乳がん検診クーポン券見本
nyugan-omote.jpg nyugan-ura.jpg
(表) (裏)
↑このページの上部に戻る 

このページに関するお問い合わせ

〒649-7192 和歌山県伊都郡かつらぎ町大字丁ノ町2160番地
やすらぎ対策課 衛生係
電話:0736-22-0300(代表) ファックス:0736-22-6432
mail.gif 電子メールでのお問い合わせはこちらから

かつらぎ町役場 〒649-7192 和歌山県伊都郡かつらぎ町大字丁ノ町2160番地
電話 (0736)22-0300(代表) FAX (0736)22-6432 メール info@town.katsuragi.wakayama.jp
業務時間 午前8時30分~午後5時15分まで (土・日・祝日および12月29日~1月3日を除く)
footer-right.gif
Copylight (c) 2017 Katsuragi Town.All Rights Reserved.