トップページ > 健康・福祉 > 予防接種 > 予防接種と副反応 B型肝炎

予防接種と副反応 B型肝炎

病気について

 B型肝炎とは、B型肝炎ウイルスの感染によって、肝臓の細胞が壊れていく病気です。

性行為や医療行為、母子感染など血液や体液から感染します。

 感染には一過性感染と持続感染があります。

一過性感染の場合、発熱や体のだるさ、黄疸などの症状を発症する急性肝炎となり、そのまま回復する場合

もあれば、慢性肝炎となる場合もあります。一部劇症肝炎といって、激しい症状から死に至ることもあります。

 持続感染の場合、症状が明らかにならないままウイルスが肝臓の中に潜み、年月を経て慢性肝炎となり、

肝硬変、肝臓がんなどになることがあります。

副反応について

 ときに接種部位の痛み、発赤などが見られます。
↑このページの上部に戻る 

このページに関するお問い合わせ

〒649-7192 和歌山県伊都郡かつらぎ町大字丁ノ町2160番地
健康推進課 衛生係
電話:0736-22-0300(代表) ファックス:0736-22-6432
mail.gif 電子メールでのお問い合わせはこちらから

上に戻る

Copyright © 2017 Katsuragi Town. All rights reserved.