トップページ > 健康・福祉 > 予防接種 > 予防接種と副反応 小児用肺炎球菌

予防接種と副反応 小児用肺炎球菌

病気について

 肺炎球菌は、細菌による子どもの感染症の二大原因の一つです。この菌は子どもの多くが鼻の奥に

保菌しており、ときに、細菌性髄膜炎、菌血症、肺炎、副鼻腔炎、中耳炎といったような病気を起こします。

 肺炎球菌による化膿性髄膜炎の罹患率は5歳未満人口10万対2.6~2.9とされ、年間150人前後が

発症していると推定されています。死亡率や後遺症例(水頭症、難聴、精神発達遅滞など)はHib(ヒブ)

による髄膜炎より高く、約21%が予後不良とされています。

副反応について

 2~10%に接種部位の発赤、腫れ、軽い発熱、筋肉痛がみられることがありますが、いずれも軽く1~3

日で自然に回復します。

 また、稀に重大な副反応としてショック、アナフィラキシー様症状、けいれんなどがあります。
↑このページの上部に戻る 

このページに関するお問い合わせ

〒649-7192 和歌山県伊都郡かつらぎ町大字丁ノ町2160番地
健康推進課 衛生係
電話:0736-22-0300(代表) ファックス:0736-22-6432
mail.gif 電子メールでのお問い合わせはこちらから

上に戻る

Copyright © 2017 Katsuragi Town. All rights reserved.