トップページ > 健康・福祉 > 予防接種 > 予防接種と副反応 四種混合・三種混合・二種混合・ポリオ

予防接種と副反応 四種混合・三種混合・二種混合・ポリオ

○四種混合:百日せき・ジフテリア・破傷風・ポリオ

○三種混合:百日せき・ジフテリア・破傷風

○二種混合:ジフテリア・破傷風

病気について:百日せき

 百日せきは菌の飛沫感染でおこり、普通の風邪のような症状で始まり、続いてせきがひどくなり、顔を

真っ赤にして連続で咳き込むようになります。熱は出ませんが、乳幼児が発症すると、咳により呼吸が

できず、けいれんを起こすこともあります。また、肺炎や脳症などの重い合併症を併発し、命を落とす

ケースもあります。

 1948年から百日せきワクチンの接種が始まって以来、患者数は減少しております。しかし、最近、

長引くせきを特徴とする思春期、成人の百日せきがみられ、乳幼児への感染源となり重症化する例が

あるので注意が必要です。

病気について:ジフテリア

 ジフテリアはジフテリアの飛沫感染で起こります。1981年に現在使われているジフテリア百日せき

破傷風混合ワクチン(DPT)が導入され、現在の患者発生数は年間0から1人程度です。しかし、ジフ

テリアは感染しても10%程度の人に症状が出るだけで、残りの人は症状が出ない保菌者となります。

その保菌者を通じて感染することもあります。

 感染は主にのどですが、鼻にも感染します。症状は高熱、のどの痛み、犬吠様のせき、嘔吐などで、

偽膜と呼ばれる膜ができて窒息死することもあります。発病2~3週間後には菌の出す毒素によって

心筋障害や神経麻痺を起すことがあるため注意が必要です。

病気について:破傷風

 破傷風菌は人から人へと感染するのではなく、土の中にいる菌が傷口から人体に入ることによって

感染します。体の中で菌が増えると菌が出す毒素により筋肉のけいれんを起こします。最初は口が

開かなくなるなどの症状が気付かれ、やがて全身のけいれんを起こすようになり、治療が遅れると死に

至ることもある病気です。本人や周りの人では気が付かない程度の軽い刺し傷が原因で破傷風を発症

する人が半数を占めます。土中に菌がいるため、感染する機会は常にあります。また、母親が免疫を

持っていれば出産時に新生児が破傷風にかかるのを防ぐことができます。

病気について:ポリオ

 ポリオとは、中枢神経への感染により引き起こされる急性ウイルス感染症であり、一般的には脊髄

性小児麻痺とも呼ばれます。感染した場合でもほとんどの場合が不顕性感染です。感染者の1%未満

に麻痺性ポリオが発症し、下位運動神経細胞の不可逆的障害により急性弛緩性麻痺を発症します。

副反応について:四種混合・三種混合・二種混合

 主なものは注射部位紅斑、注射部位硬結、発熱、注射部位腫脹、気分変化、下痢、鼻漏、咳嗽、

発疹、食欲減退、咽頭紅斑、嘔吐であり、これらの副反応のほとんどは接種3日後までに見られます。

 また、重大な副反応としてショック、アナフィラキシー様症状、血小板減少性紫斑病、脳症、けいれん

があらわれることがあります。

副反応について:ポリオ

 主な副反応は紅斑、腫脹、疼痛、易刺激性、傾民状態、発熱です。

 また、稀に重大な副反応としてショック、アナフィラキシー様症状、けいれんがあらわれることがあります。
↑このページの上部に戻る 

このページに関するお問い合わせ

〒649-7192 和歌山県伊都郡かつらぎ町大字丁ノ町2160番地
健康推進課 衛生係
電話:0736-22-0300(代表) ファックス:0736-22-6432
mail.gif 電子メールでのお問い合わせはこちらから

上に戻る

Copyright © 2017 Katsuragi Town. All rights reserved.