title.jpg

 トップページ > 子育て・教育 > 福祉 > かつらぎ町 「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」が施行されます

かつらぎ町 「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」が施行されます

   公布日  平成25年6月26日
   施行日  平成28年4月 1日

障害者差別解消法とは

    この法律は、障害を理由とする差別の解消に関する基本的な事項や、国の行政機関、地方公共団体等および民間事業者における
   障害を理由とする差別を解消するための措置などについて定めることによって、すべての国民が障害の有無によって分け隔てられる
   ことなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現につなげることを目的としています。



↑このページの上部に戻る

不当な差別的取扱いの禁止

    障害を理由として、正当な理由なく、サービスの提供を拒否したり、制限したり、条件を付けたりすることをしてはいけません。
   たとえば以下のようなことが該当します。

   ・障害があることを理由に、施設の利用や習い事の入会を断ること。
   ・障害があることを理由に、バスやタクシーの乗車を断ること。
   ・車いすを利用していることが理由で、飲食店の入店を断ること。

   ただし、他に方法がない場合などは、「不当な差別的取扱い」にならないことがあります。
↑このページの上部に戻る

合理的な配慮の提供


    障害のある方から何らかの配慮を求められた場合には、負担になり過ぎない範囲で社会的障壁を取り除くために必要で合理的な
   配慮を行うことが求められます。

   ※合理的な配慮がない例
   ・聴覚障害のある方に声だけで話すこと。
   ・視覚障害のある方に書類を渡すだけで読み上げないこと。
   ・知的障害のある方にわかりやすく説明しないこと。

 
   ◆詳しくは内閣府のホームページをご覧ください。

   ◆『「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(障害者差別解消法)」が施行されます』pdf.gif(72KB)

↑このページの上部に戻る

かつらぎ町職員対応要領の策定


    障害者差別解消法第10条において、地方公共団体は、国が定める基本方針に即して、職員対応要領を定めるよう
   努めることとされています。
    かつらぎ町では、職員が事務・事業を実施するに当たり、障害を理由とする差別を行わないよう適切に対応するため、
   職員対応要領を策定しました。
    
    障害を理由とする差別の解消の推進に関するかつらぎ町職員対応要領pdf.gif(324KB)

    かつらぎ町職員対応マニュアルpdf.gif(1.35MB)

↑このページの上部に戻る 

このページに関するお問い合わせ

〒649-7192 和歌山県伊都郡かつらぎ町大字丁ノ町2160番地
住民福祉課 福祉係
電話:0736-22-0300(代表) ファックス:0736-22-6432
mail.gif 電子メールでのお問い合わせはこちらから

かつらぎ町役場 〒649-7192 和歌山県伊都郡かつらぎ町大字丁ノ町2160番地
電話 (0736)22-0300(代表) FAX (0736)22-6432 メール info@town.katsuragi.wakayama.jp
業務時間 午前8時30分~午後5時15分まで (土・日・祝日および12月29日~1月3日を除く)
footer-right.gif
Copylight (c) 2017 Katsuragi Town.All Rights Reserved.