title.jpg

 トップページ > 町の紹介 > かつらぎ町について > 味覚と土産

味覚と土産

かつらぎ町の特産品を販売している直売所についての詳しい情報は「かつらぎ町観光協会ホームページ」をご覧ください。

柿酢

kakisu.gif  天の恵みの果物といわれるほどのビタミンC、カリウムを多く含んだ柿は、古くから和歌山の名産品。まろやかで豊潤な味と香りの柿酢に仕上げています。

くるみ餅

kurumimochi.gif  枝豆をすりつぶしたあんで、餅をくるんだ郷土料理「くるみ餅」をお菓子に仕立てました。贈り物、お茶のお友ご愛用ください。

あんぽ柿

annpogaki.gif  あんぽ柿とは、渋柿を独特の製法で乾燥させた干し柿。半熟で柔らかく、自然な甘さの自然食品。お茶請けなどにも好評。

ごま豆腐

gomadoufu.gif  昔ながらの味わいを守った、なめらかな舌触りと風味。

柿の葉寿司

kakinohazushi.gif  古くは家庭料理の保存食として作られてきた伝統の味。柿の葉の香り良く美味。素材を吟味し、昔ながらの手造り。

桃アイス・柿ケーキ・柿パン

ice.gif  太陽をたっぷり浴びた旬のフルーツ(柿)が味わえます。

フルーツ

fruite.gif  「フルーツ王国かつらぎ」
 豊かな土地、温暖な気候と、紀の川の水に育まれた自然条件によるたくさんの果樹栽培が行われています。柿・桃・ぶどう・梅・梨・りんご・ブルーベリー・みかん・栗・いちご

菓子器

kashiki.gif  ていねいな手仕事が特徴。
 使うほどに、触るほどに、愛着が増します。
 地元の杉やケヤキを材料にしている。

串柿

kushigaki.gif  「新玉の年の初めに夫婦(2つずつ)揃って仲睦(6つ)まじく」と家族の和と幸を願い10個の柿を一串にさしたもの。
 お正月の縁起物とされ、その起源は400年にもさかのぼる。

梅干し

umeboshi.gif  古来から日本人の健康食品とてし梅干しはおなじみで、アルカリ性食品の梅干しの作用が見直されています。
 自家梅林で収穫した梅の実を天然塩で漬け込み、三日三晩天日干しさせ、こだわりの製法で仕上げた自然の味です。
 大梅干(南高梅)しそ漬・はちみつ漬梅干・おしゃぶり梅ほか。

紀ノ川柿

kinokawagaki.gif  紀ノ川柿は、平核無柿に、ひとつひとつビニールの小袋をかけ、木の上で渋を抜いたとてもおいしい地域ブランド柿。

柿の葉茶

kakinohacha.gif  柿の葉にはビタミンC・カリウムが多く含まれる。お茶にしても栄養素が壊れることのないビタミンCを含む自然食品。

川上酒

kawakamizake1.gif  和歌山を代表する紀の川の上流にあたる伊都地方の蔵元で造られた清酒は「川上酒」と呼ばれ今も広く親しまれている。 kawakamizake2.gif

特産の柿を使った「柿料理」

kakiryouri.jpg  地域特有の「ふるさとの味」や「家庭の味」を再現し、「食と文化」を大切にしたいと思い、かつらぎ町特産の「柿」や郷土の食材を生かした、昔から伝えられ残されてきた料理を作ってみました。

柿料理のレシピ
↑このページの上部に戻る

このページに関するお問い合わせ

〒649-7192 和歌山県伊都郡かつらぎ町大字丁ノ町2160番地
かつらぎ町役場 産業観光課
電話:0736-22-0300(代表) ファックス:0736-22-6432
mail.gif 電子メールでのお問い合わせはこちら

かつらぎ町役場 〒649-7192 和歌山県伊都郡かつらぎ町大字丁ノ町2160番地
電話 (0736)22-0300(代表) FAX (0736)22-6432 メール info@town.katsuragi.wakayama.jp
業務時間 午前8時30分~午後5時15分まで (土・日・祝日および12月29日~1月3日を除く)
footer-right.gif
Copylight (c) 2017 Katsuragi Town.All Rights Reserved.