トップページ > 町政情報 > 財政 > 公的資金補償金免除繰上償還に係る財政健全化計画について

公的資金補償金免除繰上償還に係る財政健全化計画について

  地方公共団体の厳しい財政状況を踏まえ、平成19年度から平成21年度までの3年間の措置として、一定の要件に該
 当する地方公共団体に対して高利率の公的資金(旧資金運用部資金、旧簡易生命保険資金、旧公営企業金融公庫資金)
 の※補償金免除繰上償還が認められました。
  また、平成20年秋以降の深刻な地域経済の低迷と大幅な税収減という異例の事態を踏まえて、特例措置として上記の
 措置が3年間延長され、平成22年度から平成24年度についても認められることとなりました。

 ※通常、公的資金の繰上償還をする場合には、補償金として償還期限までの利子に相当する額を支払う必要があります。

  かつらぎ町では、この制度を活用して繰上償還を行い、その一部を低利な資金に借り換えることで利息の軽減を図ってい
 ます。
  かつらぎ町の対象は、普通会計が年利6%以上、水道事業会計が年利5%以上、下水道事業特別会計が年利5%以上
 の地方債となっています。

  繰上償還にあたっては、徹底した総人件費の削減等を内容とする財政健全化計画または公営企業経営健全化計画の策
 定が要件となっており、普通会計・上水道事業会計・下水道事業特別会計における補償金免除繰上償還に係る財政健全
 化計画を策定し、旧資金運用部資金、旧簡易生命保険資金および旧公営企業金融公庫資金について総務大臣と財務大臣
 の承認を得ましたので公表します。
  かつらぎ町では、かつらぎ町財政健全化計画を基にして、国の様式に沿った形で公的資金補償金免除繰上償還に係る
 財政健全化計画を策定しました。なお、この計画は策定時点の数値を基に作成したものであり、計画中の数値は推計値で
 あることから、決算の状況などにより変動します。

繰上償還の額と効果の見込み

                                                               (単位:千円)
会   計 年 度 借換前の利率 繰上償還額 うち借換額 利息軽減額
普 通 会 計
(旧資金運用部資金、旧簡易生命保険資金)
平成20年度
6.2%~7.1% 89,346 85,500 16,984
平成21年度
6.2%~6.6% 2,669 1,900 290
合 計
  92,015 87,400 17,274

水道事業会計
(旧資金運用部資金、旧公営企業金融公庫資金)

平成19年度
6.9%~8.0% 270,890 220,800 31,880
平成20年度
6.3%

32,186

32,100 5,928
平成24年度
5.0%~5.2%

24,163

24,000 2,821
合 計
  327,239 276,900 40,629
下水道事業特別会計
(旧資金運用部資金、旧簡易生命保険資金、旧公営企業金融公庫資金)
平成19年度
5.6%~7.6% 75,216 74,300 17,133
平成20年度
5.3%~6.6% 25,344 25,100 6,199
平成21年度
5.1%~6.6% 77,367 77,200 17,437
合 計
  177,927 176,600 40,769
総 合 計     597,181 540,900 98,672

このページに関するお問い合わせ

〒649-7192 和歌山県伊都郡かつらぎ町大字丁ノ町2160番地
会計課
電話:0736-22-0300(代表) ファックス:0736-22-6432
mail.gif 電子メールでのお問い合わせはこちらから
Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

上に戻る

Copyright © 2017 Katsuragi Town. All rights reserved.