成人の健康

1.健康診査・・・40歳以上の方へは、受診券を送付しています。

 生活習慣病の予防と早期発見および早期治療により健康維持・増進を図るため、各種検診を実施しています。

健康増進法に基づく健康診査

心臓病、糖尿病、高血圧等、循環器系の疾病の早期発見と合併症予防を目的に健診を実施しています。
保健福祉センターにおける集団健診と医療機関における個別健診があります。
健診の内容はどちらも同じで、検査項目は問診、身体計測、検尿、心電図、血圧測定、血液検査、診察、相談および指導等となっています。

がん検診

胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん検診は40歳以上の方を対象に、また子宮がん検診は20歳以上の女性を対象に実施しています。検診バスによる集団検診と医療機関における個別検診があります。

歯周疾患検診

満40歳・50歳・60歳・70歳の方を対象にした「節目検診」として実施しています。
県下の委託した歯科医院で受診できます。

結核検診・・・65歳以上の方

胸部X線検査と同時に実施しています。

2.健康教育、健康相談

各健診の受診結果に基づいた保健指導として、各疾患に応じた健康教室を行っています。また、個別の保健指導・健康相談等を実施しています。

3.理学療法士相談

退院後の自宅でのリハビリ方法、介護方法などでお悩みの方に指導を行ったり、相談に応じています。また、腰痛・膝痛等への予防方法についても相談に応じます。毎月2回(原則として第1・3金曜日)開催。

最終更新日:2021222