平常時には住民の防災知識の普及・啓発のための展示、自主防災組織等の研修、会議に利用できる機能を備えた施設として、かつらぎ町防災センターは建設されました。
 災害発生時には防災活動の拠点、災害対策本部として使用できるよう、耐震性に考慮して設計・建設されており、防災資機材等の備蓄倉庫も備えています。
 非常時には、「防災の拠点施設」として有効に利用します。

./images/bousai.jpg

 

所在地 かつらぎ町大字丁ノ町2337番地の1
施工年度 平成8年度
事業名 防災まちづくり事業
建築面積 809.6平方m
1階床面積 410.7平方m
2階床面積 398.9平方m
事業費 302,481千円
設計監理 株式会社岡本設計事務所
施工業者 株式会社松村組 和歌山営業所
1階
展示ホール 88.8平方メートル
研修室 127.3平方メートル
炊事場 18.0平方メートル
備蓄倉庫 71.5平方メートル
2階
コミュニティホール 223.8平方メートル
書庫 61.2平方メートル
管理事務局 57.2平方メートル

このページに関するお問い合わせ先

かつらぎ町役場 総務課 総務係
電話:0736-22-0300(代表) ファックス:0736-22-6432
メールフォームからお問合せするこのリンクは別ウィンドウで開きます

最終更新日:2021225