title.jpg

 トップページ > 健康・福祉 > 予防接種 > インフルエンザを予防しよう!

インフルエンザを予防しよう!

~あ、その咳、そのくしゃみ 咳エチケットしていますか?~

 インフルエンザは、例年11月~3月ごろに流行し、短期間に多くの人に感染します。
 インフルエンザは、普通の風邪と同じように、のどの痛みや鼻汁、咳などの症状も見られますが、38度以上の発熱や頭痛、関節痛など
 の全身の症状が強く、気管支炎や肺炎、子どもの場合、中耳炎や熱性けいれんなどを併発し、重症化することもあります。
 インフルエンザの症状が見られたら、早めに医療機関を受診しましょう。

 予防のポイント!!

  ●帰宅時の手洗い、うがい
 咽頭粘膜や手指など身体に付着したインフルエンザウイルスを物理的に除去するために有効な方法です。

  ●適度な湿度を保持しましょう
 空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。また、インフルエンザウイルスは
 湿気に弱いため、室内では十分な湿度(50~60%)を保つことが効果的です。
  ●十分な睡眠とバランスのよい食事をとりましょう
 体の抵抗力を高めるために、十分な休養と栄養を日ごろから心がけましょう。

  ●外出時はマスクを着用しましょう
  外出するときはマスクを着用し、インフルエンザが流行してきたら、なるべく人込みへ出かけないようにしましょう。

  「咳エチケット」を守りましょう

○咳・くしゃみの際にはティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけ1m以上離れましょう。

○鼻汁・痰などを含んだティッシュは、すぐに蓋付きの廃棄物箱に捨て、散乱しないよう処理しましょう。

○咳・くしゃみなどのしぶきを飛ばして他人に感染させないために、咳をしている人はマスクを着用しましょう。

 インフルエンザ予防接種助成事業

  【対象者】
  接種時現在で

  1.65歳以上の方

  2.満60歳以上65歳未満で、心臓、じん臓または呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活行動が極度に
   制限される程度の障害を有する者およびヒト免疫不全ウィルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な
   程度の障害を有するかつらぎ町民でインフルエンザ予防接種を希望される方
  【接種期間】
  10月1日~翌年1月31日
  【接種回数】
  年1回
  【費 用】
  自己負担 1,000円

  ※接種を受けた医療機関窓口で支払ってください。

  ※接種の際は、住所のわかる書類(健康保険証、運転免許証等)の提示が必要ですので、必ずご持参ください。

  ※65歳以上の生活保護受給者は自己負担が無料です。

このページに関するお問い合わせ

〒649-7192 和歌山県伊都郡かつらぎ町大字丁ノ町2160番地
やすらぎ対策課 衛生係
電話:0736-22-0300(代表) ファックス:0736-22-6432
mail.gif 電子メールでのお問い合わせはこちらから

かつらぎ町役場 〒649-7192 和歌山県伊都郡かつらぎ町大字丁ノ町2160番地
電話 (0736)22-0300(代表) FAX (0736)22-6432 メール info@town.katsuragi.wakayama.jp
業務時間 午前8時30分~午後5時15分まで (土・日・祝日および12月29日~1月3日を除く)
footer-right.gif
Copylight (c) 2017 Katsuragi Town.All Rights Reserved.