トップページ > 健康・福祉 > 予防接種 > 予防接種と副反応 日本脳炎

予防接種と副反応 日本脳炎

病気について

 日本脳炎ウイルスの感染によっておこる中枢神経(脳や脊髄など)の疾患です。ヒトからヒトへの感染は

なく、ブタなどの動物の体内でウイルスが増殖した後、そのブタを刺したコガタアカイエカなどがヒトを刺す

ことによって感染します。症状が現れずに経過する(不顕性感染)場合がほとんどですが、症状が出る

場合には、6~16日間の潜伏期間の後に、数日間の高熱、頭痛、嘔吐などで発病し、引き続き急激に、

光への過敏症、意識障害、けいれん等の中枢神経系障害(脳の障害)を生じます。

副反応について

 主な副反応は発熱、注射部位紅斑、咳嗽、鼻漏、発疹であり、これらの副反応のほとんどは接種3日後

までに見られます。

 また、重大な副反応として、アナフィラキシー様症状、急性散在性脳脊髄炎、脳炎・脳症、けいれん、血小

板減少性紫斑病があります。
↑このページの上部に戻る 

このページに関するお問い合わせ

〒649-7192 和歌山県伊都郡かつらぎ町大字丁ノ町2160番地
健康推進課 衛生係
電話:0736-22-0300(代表) ファックス:0736-22-6432
mail.gif 電子メールでのお問い合わせはこちらから

上に戻る

Copyright © 2017 Katsuragi Town. All rights reserved.